犬の便秘の原因

 

犬の便秘の原因は、色々なことが考えられます。

 

よくあるのが、食べられないものを食べたことでおこる便秘です。

 

犬は何でも飲み込むもうとするので、トレーニングしてあげる必要があります。時には体に毒となるものも平気で口にしてしまうので散歩中や家の中でもしっかりと口にしないように整理整頓を心がけましょう。

 

また犬も運動不足が便秘の原因の一つになります。

 

犬には十分な運動が必要です。少なくとも毎日1時間の運動が必要で、そうでないと運動不足で便秘になりやすくなります。

 

不適切な食事も便秘の原因になります。質の悪いドッグフードや十分に水分を与えないと便秘の原因になってしまいます。

 

人間と同じように、犬にも新鮮な野菜を与えてあげ、きれいな水がいつでも飲むことができる環境が必要です。

 

脱水は犬の便秘の原因になるので、水分はしっかり与えましょう。

 

また、便秘の原因に寄生虫も考えられます。消化器系に寄生虫がいる場合、寄生虫自体から残留物がたくさん残ることになります。

 

そうなると慢性便秘になりやすくなります。

 

さらに心理的ストレスも便秘の原因になる事があります。人と同じように、犬もストレスや不安をかかえると慢性便秘になりやすくなります。

 

犬の便秘の原因は色々あるので、長く便秘が続くようであれば、獣医師に相談しましょう。

 

犬の便秘解消マッサージ方法

 

犬の便秘解消マッサージ方法があり、人間と同じように、マッサージで腸を刺激することで、犬の便秘を治すことができます。

 

マッサージする時は、お腹の真ん中より少し下を狙って、していきます。まず、犬を仰向けにして、お腹よりも少し下のあたりをマッサージするようにします。

 

優しく、軽くさすってあげるようにするのがコツで、円をかくようにしてさすってあげます。

 

円をかくようにしてマッサージした後、今度は、お腹の上から下へ、そして下から上へとさするようにして、マッサージしていきます。

 

犬の血行をよくするマッサージ方法もおすすめで、尾尖を軽くモミモミしてやるとよいです。

 

犬のしっぽの先端にある尾尖は、体温調整能力の低下を防ぐ働きがあるので、ここをやさしくモミモミしてあげると効果的です。

 

そうすると血行が良くなります。犬の便秘解消マッサージで腹をマッサージするのは、とても効果的なのですが、あくまで気休め程度で、根本解決にはなりません。

 

また、お腹を触られるのを嫌う犬も多いので、その場合は、様子を見ながらしてやる必要があります。

 

猫の便秘の原因

猫の便秘の原因は、水分摂取不足、被毛の取り込み、骨や異物などの誤飲などがあります。

 

蠕動の低下も原因の一つで、蠕動運動が弱まると、内容物をスムーズに移動できなくなります。

 

老齢による筋力不足になると便秘になりやすく、結腸の閉塞も考えられます。

 

便を通過させる結腸の中に障壁があると便通がブロックされます。

 

ストレスも便秘の原因になります。猫に何らかの精神的ストレスが加わると便秘を招きます。たとえば、環境の変化、トイレの変更、悪天候、トイレ内での不愉快な出来事などは便秘を誘発します。

 

遺伝も原因の一つです。短いしっぽを特徴としている品種の猫は、仙骨や尾骨の先天的奇形が発生しやすく、骨盤周辺の神経系に不具合が生じるので、便秘を誘発しやすくなります。

 

猫の便秘を解消するには、日頃の食生活の見直しが一番です。

 

便秘は水分不足によって起こるので、常に新鮮な水をたっぷり飲めるようにしてあげることです。

 

食物繊維が不足すると便秘になりやすいのでウェットフードはドライフードと組み合わせて与えるようにしてあげましょう。

 

便秘の予防にはオリーブオイルが効果的なので、キャットフードにかけて与えるとよいです。

 

猫の便秘解消マッサージ方法

猫の便秘解消マッサージ方法は、猫が便秘に苦しんでいる時に功を奏します。

 

この方法は、人間の便秘解消マッサージと同じで、お腹を、のの字を書くようにして揉んでいきます。

 

この方法で猫のガス抜きをしてやることができます。

 

猫が便秘になるのは、食べ物、腸内細菌、神経伝達の異常、ホルモンの分泌異常などの原因が考えられます。

 

軽い便秘の場合、大抵は、便秘解消マッサージで治ります。猫が便秘になったとき、1日2回、下腹をなでてあげます。

 

そうすると、2〜3日以内にコロコロしたフンを出すようになります。

 

即効性があり、非常に効果的な方法です。マッサージすると、直接腸を刺激することになるので、効果的な方法になります。

 

ただ、お腹に触られるのが嫌な猫もいるので、無理やりマッサージするのはよくありません。マッサージをしても全く便秘が改善しない時は、病院へ行きましょう。

 

便秘でコロコロ便の時はどんな時?

便秘でコロコロ便の時はどんな時かというと、ウサギのフンのように硬くてコロコロとした形状の便が出る時は、水分不足の時です。
健康な人の便の水分含有量は約80%なのですが、コロコロ便の場合、約60%になります。

 

いつもコロコロ便の人は、水分が吸い取られて硬くなっている状態です。

 

小さなコロコロ便が形成されるのは、直腸に長時間、便がとどまっている証拠です。何らかの原因でS状結腸から直腸にわたって便が長時間滞留していると、便の水分が失われることでコロコロ便になります。

 

コロコロ便になる原因は、腸内細菌の影響も考えられます。便は未消化の食べ物と腸内細菌の死骸などで形成されていて、腸内細菌は便の半分以上を占めます。

 

腸内に生息する腸内細菌の量が少ないと、排泄に必要な十分な量の便が形成されないことになり、長時間、大腸内にとどまることでコロコロ便になります。

 

腸内細菌の種類も関係しています。悪玉菌が優勢な腸内環境は、有害物質や毒素が産生されやすく、交感神経や副交感神経に作用します。

 

そうすると痙攣性便秘が起こりやすくなり、コロコロ便になりやすくなります。痙攣性便秘になると直腸の蠕動運動が促進されるので、コロコロとした小さな硬い便が作られます。

 

便の種類(軟便・泥状便・水溶便について)

便の状態はその人の健康状態を表しているといっても過言ではありません。健康状態が便に表れてくるのです。

 

そんな便の状態を紹介していきますね。

 

便の下痢の状態についてなんですが、下痢の便においても種類があります。

 

その種類なんですが、まずは軟便です。軟便はある程度カタチはありますが非常に柔らかい状態の便のことを言います。

 

トイレにしても水にすぐに混じってしまうことはなく水と便との境界線ははっきりしている状態となっています。

 

それから泥状便の場合はカタチがもうはっきりとしていなく、べっとりとしている状態の便です。水分量としてはおかゆやカレーなどの水分量となっています。

 

そしてもう1種類が水様便です。この水様便はほとんどもう水のような状態の便となっています。

 

お腹に痛みを伴うことも多く、勢いが強い便となっています。

 

このように下痢だと一言で言っても下痢にも種類があるんですね。そしてまた泥状便や水様便の場合は1回ではなく何度か続く場合には粘膜や血が便に混じっていないか確認してください。